城田行政書士事務所

業務案内相続手続きについての基礎知識相続手続き

相続手続きではどんな所が大事でしょうか?

特に金銭の問題に関して、相続される方の間で正確な情報を共有することが大事かと思われます。

相続について

人が死亡すると相続が開始します。
相続手続きは相続人の調査から始まり、不動産の名義変更(移転登記)等多岐にわたり、とても面倒なものです。

当事務所ではそうした面倒な相続手続きのお手伝いを致します。

法定相続人の範囲と相続人の順位

被相続人(亡くなった方)の財産を引き継ぐことの出来る一定範囲内の人のことを法定相続人といいます。
この法定相続人となるのは、被相続人の配偶者と子、直系尊属(父母・祖父母等)又は兄弟姉妹に限られます。

配偶者は、常に相続人となり、子が第1順位で相続人となります。
第1順位の相続人がいない場合、被相続人(亡くなった方)の直系尊属(父母・祖父母等)が第2順位で配偶者と共に相続人となります。
そして、第1順位、第2順位の相続人がいない場合、兄弟姉妹が配偶者と共に相続人となります。

相続分について

相続人が確定したとして、では相続人は各々一体どのくらいの財産を相続できるのでしょうか?
ここで問題となるのが相続分というものですが、相続分とは、簡単に言うと、各相続人の遺産を承継する割合のことです。相続分は、被相続人(亡くなった方)による指定がない場合は、法律の定めるところによって、法定相続分というものが決まります。

この法定相続分は、

  • 子と配偶者が相続人であるときは
    ・子は2分の1、配偶者は2分の1
  • 配偶者と直系尊属(父母・祖父母等)が相続人であるときは
    ・配偶者は3分の2、直系尊属(父母・祖父母等)は3分の1
  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人であるときは
    ・配偶者は4分の3、兄弟姉妹は4分の1

と決まっています。

法定相続分はどの様な時に適用されるのか

上記法定相続分は、遺言や遺産分割協議によって相続する割合や相続する財産の指定がない場合に適用されます。

よって、遺言がある場合や遺産分割協議が行われれば、そちらが優先するので注意が必要です。

従って、法定相続分での相続を望まない場合には、遺言を残しておくのも有効かと思われます。

相続欠格・相続人の廃除について

例えば、相続に関する被相続人の遺言書を破棄・隠匿するなど、相続の欠格事由に該当する場合は、何らの手続きも要せず相続人資格がはく奪されます。

また、遺留分を有する推定相続人から虐待または重大な侮辱等を受けた被相続人は、家庭裁判所に請求し、その推定相続人を廃除することで、その推定相続人の相続権をはく奪することが出来ます。

相続のスケジュール

タイトル未定

準備中です。

当事務所でお手伝いできること

  • 当事務所では、相続に関してご相談に乗らせて頂いております。
  • どうぞ、お気軽にお問い合わせください。