城田行政書士事務所

業務案内相続人や相続財産の調査について相続手続き

相続人や相続財産の調査ではどんな所が大事でしょうか?

相続人および相続財産の範囲をしっかり確認する事が大事かと思われます。

相続人の調査について

相続人の調査・確定

人が亡くなった時、誰が相続人になるのでしょうか?

もしあなたの身近な人が亡くなって、あなたが相続人に当たれば、あなたは、被相続人(亡くなった方)の財産を相続することになるかも知れません。
ただし、財産といっても、土地・建物や現金の様に金銭的に価値のある物だけではなく、借金の様な負債を相続することになるかも知れないのです。

また、場合によっては相続税を払わなくてはならないかも知れません。

上記のように、人が亡くなって相続が発生した場合、相続人においては、相続の承認や放棄の判断をしたり、相続人間で遺産分割の協議をしなくてはならなくなるかも知れないのですが、その前提として、相続人や相続財産を正確に把握しておくことが必要になって来ます。

相続人の調査とは

相続人の調査とは、戸籍謄本等を収集して相続人を確認し、誰が相続人に当たるのかを調査することをいいます。

誰が相続人に当たるのかという事は、調べてみないとはっきりとは分からないことが実は多いのです。
実際に、戸籍の収集を行うと下記のような思わぬ事実が判明する場合があります。

  • 実は前妻(前夫)との間に子供がいた。
  • 養子縁組があった。
  • 配偶者や子供がいなかったため、被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹が相続することになったが、先に亡くなった兄弟姉妹がおり、その子供たち(甥・姪)が代襲相続人となり、結果として大勢の相続人で相続することになった。
    注)被相続人(亡くなった方)の両親は既に亡くなっている場合。

このような事がままあるので、相続人の調査をしっかりする必要があるのです。

また、被相続人(亡くなった方)の預貯金の解約や不動産の名義変更などの場面においても、関係機関に戸籍謄本等の提出を求められることが多いと思われます。

また、相続手続きの一環で、遺産分割協議書を作成することになるかも知れませんが、相続人を欠いたり、相続人でない者が参加してなされた遺産分割協議は無効となる場合があり、その場合、分割協議をやり直す必要があり、無駄な手間がかかってしまします。
こういった理由からも、戸籍を収集し相続人の調査をしっかりする必要があります。

このように、相続手続きにおいては戸籍が必要とされる場面が多々ありますので、しっかりと収集・確認する必要があると思われます。

相続財産の調査について

相続財産の内容

相続の手続きにおいては、対象となる相続財産の内容がはっきりせず、その調査や評価が必要となる場合があります。

被相続人(亡くなった方)が、相続財産の内容を遺言などに記載して残してあれば、相続財産調査は非常にスムーズになりますが、実際にはそういうケースは稀ではないでしょうか。

では、相続財産にはどの様なものがあるのでしょうか?

相続財産には主なものとして以下の様なものがあります。

  • 土地・建物などの不動産
  • 動産
  • 株券・有価証券・ゴルフ会員権など
  • 現金・預貯金など
  • 債権・債務
  • 知的財産権

こうした財産があるかないかを調査して行きます。

その他の事項

みなし相続財産について

みなし相続財産とは、本来は被相続人(亡くなった方)の財産ではないが、相続人間の公平などの見地から、相続財産に含むのが妥当だと解釈されている財産を言います。

民法の法文上は「みなし相続財産」という言葉はありませんが、相続の手続きにおいては、特別受益の持戻しや寄与分が問題になる場面において問題になります。

また、相続税を考える場面においては、生命保険金や死亡退職金などが「みなし相続財産」となる場合があり問題となります。

相続財産の評価

相続財産の評価とは、各種の相続財産を客観的な交換価値に算定することを言います。これは、相続人が複数いる場合にその共同相続人間で公平に相続財産を分けるために必要です。

評価の方法は幾つかありますが、原則として、共同相続人全員が合意をすれば、それが不相当でない限り、その評価方法を基に分割することが出来ます。

ただし、後でもめない様に、相続財産の評価をする際には適切な方法で評価することが大事かと思われます。

そして、その評価の方法も相続財産の種類によって様々な方法があるので、専門家のアドバイスが必要かと思われます。

当事務所でお手伝いできること

  • 相続財産の調査について:ご依頼人に代わって、被相続人(亡くなった方)の財産を調査致します。
  • 相続人の調査について:ご依頼人に代わって、戸籍謄本等を収集して相続人を確定し、誰が相続人に当たるのかを調査致します。