城田行政書士事務所

業務案内遺言執行者について相続手続き

遺言執行者について、法改正があったそうですが、どんなところが変わったのですか?

遺言執行者の権限が明確になりました。

遺言の執行について

遺言執行者について

「遺言執行者」とは、遺言の内容を実現するために、遺言の執行に必要な一切の権利義務を有する者を言います。

これまでは、遺言執行者の法的地位については、条文上「相続人の代理人」とみなされてきましたが、改正により、遺言者の意思を実現するために職務を行えばよくなりました。

遺言をする際には、遺言書の中で予め遺言執行者を指定しておくとスムーズに遺言の内容が実現されるため有用であると思われます。

遺言の執行について

遺言は、内容によっては実現のために一定の手続を必要とする場合があります。
この手続を「遺言の執行」といいます。

遺言は内容によっては、「執行」を要しないものもあります。

しかし、一方で遺言の執行を必要とするものもあります。
例えば、遺言による認知についてはその届出が必要ですし、遺言による推定相続人の廃除やその取消しも家庭裁判所への請求が必要です。

遺言の内容の実現は、相続人にとって非常に利害関係が強いため、遺言執行者に執行してもらった方がスムースに遺言の内容が実現されると思われます。