城田行政書士事務所

業務案内自筆証書遺言遺言証書作成・身分関係

遺言証書は自分で作れるのですか?

はい、作ることが出来ます。自筆証書遺言と言います。

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは

遺言者(遺言をする人)が、遺言証書の本文全文、日付および氏名を自分で書き、押印して作成する遺言のことです(民法968条)。 

注意点

紛失や発見されない危険性や、偽造・変造の危険性があります。また、文言の解釈めぐって相続人間で争いが生じやすい欠点もあります。 また、遺言を執行するために、検認手続が必要になってきます。

法改正により作成が簡単になりました

「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」の施行により、自筆証書遺言の作成が簡便になりました(民法改正法の自筆証書遺言の方式を緩和する方策の部分の施行日は本年1月13日です)。
要点は、「全文の自書を要求している現行の自筆証書遺言の方式を緩和し,自筆証書遺言に添付する財産目録については自書でなくてもよいものとする。ただし,財産目録の各頁に署名押印することを要する。」という点です。

従いまして、財産目録につきましては、当事務所での作成が可能になりました。

詳しくは、ご相談下さい。

当事務所でお手伝いできること

  • 遺言証書の起案、そして作成指導を致します。
  • 「遺言についての基礎知識」のところでも述べた様に、遺言は一定の方式に従わなければならない要式行為とされているので、専門家のアドバイスが必要かと思われます。
    お気軽にご相談下さい。