城田行政書士事務所

業務案内養子縁組の基礎知識遺言証書作成・身分関係

私は子供がいないので、兄の次女を養女に迎えたいのですが、どうしたら良いでしょうか?

当事者に養子縁組の意思があり、養子縁組の障害となる事由が無いのであれば、手続き的には、戸籍法の定めによる届け出が必要です。

養子縁組について

養子縁組とは、自然の親子関係がない者の間に法定の親子関係を生じさせる契約をいいます。

養子縁組の種類

養子縁組には、子の利益のために特に必要なものである場合に家庭裁判所の審判を待ってなされる特別養子縁組と、それ以外の普通養子縁組があります。

(普通)養子縁組の要件

当事者の縁組みの意思

当事者すなわち、養親と養子の間に縁組みの意思があることが必要です。

縁組障害の無いこと

以下の要件を満たすことが必要です。

  • 養親となる者が成年者であること
  • 養子となる者が尊属または年長者でないこと
  • (成年又は未成年)後見人が(成年又は未成年)被後見人を養子とする場合、家庭裁判所の許可を得ること
  • 未成年者を養子とする場合、原則として家庭裁判所の許可を得ること。ただし、自己又は配偶者の直系卑属を養子とする場合には不要
  • 配偶者のある者の縁組みに関する要件は、次の項をご覧下さい。

配偶者のある者の縁組みに関する要件

養親が夫婦である場合 養子が未成年者である場合 原則:夫婦共同縁組
例外:省略
養子が成年者である場合 夫婦の一方のみで縁組をすることが出来る(要配偶者の同意)
養子が夫婦である場合 夫婦の一方のみが養子になることが出来る(要配偶者の同意)

届出について

この普通養子縁組における届出は創設的届出といって、届出によって家族関係の変動が生じます。

(普通)養子縁組の効果(養子縁組するとどうなるの?)

養子縁組の効果

嫡出子*たる身分の取得

①養子が未成年のときは養親の親権に服します。

②養子の氏は原則として、養親の氏を称します。

③養親子は、相互に相続権を有し、扶養義務を負います。

法定血族関係の発生

①養子と養親の間の嫡出親子関係が発生します。

②養子と養親の血族との間の血族親族関係が発生します。

∗ところで、嫡出子ってどんな子供ですか?

嫡出子とは、婚姻関係にある男女から生まれた子をいいます。つまり、必ずしも子供に限られるというわけではなく、成人でも嫡出子は嫡出子です。そして、例えば、いわゆる愛人との間の子などは、嫡出子ではありません。

実方との親族関係

影響を受けません。すなわち、養子は実方と養方との両方と親族関係に立ちます。

当事務所でお手伝いできること

  • 当事務所では、養子縁組についてご相談に乗らせて頂いております。
  • お気軽にご相談下さい。