城田行政書士事務所

業務案内各種許認可法人・個人営業関係

事業を始めたいのですが、どんな手続きが必要になって来るのでしょうか?

各種届出や許認可が必要になってくると思われます。

営業関係の許認可

業種 ポイント
食品関係営業

食品に関する営業を行うには、まず、所管する保健所に営業許可申請を行い、基準に合致した施設をつくり、営業許可を受けることが必要です。
そして、施設や設備が基準通りに維持管理されているかを常に点検し、食品の取扱い等にも十分留意して、より安全で衛生的な食品を提供することが必要です。

詳しくはこちら

古物関係営業

古物(いわゆる中古品)に関する営業を行うには、まず、主たる営業所等の所在地を管轄する都道府県公安委員会に営業許可申請を行い、営業許可を受けることが必要です。

詳しくはこちら

宿泊関係営業

宿泊に関する営業を行う場合、旅館業に該当する場合には、主たる営業所等の所在地を管轄する保健所に営業許可申請を行い、営業許可を受けることが必要です。

詳しくはこちら

酒類販売営業 準備中
風俗営業 準備中

建設関係の許認可

業種 ポイント
建設業

軽微な建設工事以外の建設工事を業として請け負うものは建設業の種類(業種)ごとに許可が必要になります。

許可を受けるための、資格要件としては、
①経営業務の管理責任者がいること
②専任技術者を営業所においていること
③請負契約に関して誠実性を有していること
④財産的基盤又は金銭的信用を有していること
⑤欠格要件等に該当しなしこと
があります。

産業廃棄物処理業 準備中
宅地建物取引業 専任の宅地建物取引士の設置が必要です。また、営業保証金の供託等が必要になってきます。
農地を移転する場合

農地法3条の許可等が必要になってきます。

詳しくはこちら

農地を農地以外の目的で利用したい場合

農地法4・5条の許可等が必要になってきます。

詳しくはこちら

農業振興地域整備計画の変更手続

いわゆる、農振除外です。農用地区域内に存在する農地等を転用しようとする場合には、その前に、転用予定農地等を農用地区域から除外する必要があります。

詳しくはこちら

当事務所でお手伝いできること

  • 当事務所では、各種届出や各種許認可申請のお手伝いを致します。
  • お気軽にご相談下さい。