城田行政書士事務所

業務案内古物関係営業法人・個人営業関係

今度、古本屋を始めるつもりなのですが、古物営業の許可は必要になって来ますか?

中古の書籍等を売買する場合は、古物営業に当たると思われます。
したがって、古物営業法で定めている営業許可が必要になって来ると思われます。

古物営業の基礎

古物営業許可が必要な場合

1号営業

1号営業とは、基本的には「古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業」をいいます。

具体的には、古本等の古物の仕入れも売却もする、いわゆる古本屋や中古自動車販売店、チケット屋などが該当します。

2号営業

2号営業とは、「古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。)を経営する営業」をいいます。

3号営業

3号営業とは、基本的には「古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法により行う営業」をいいます。

現在のところ、3号営業に該当するのは、いわゆる「インターネット・オークション」とされています。

以上、3営業に該当する場合は、古物営業の許可が必要になって来ます。

古物とは?

定義

古物営業法における古物とは

・一度使用された物品(いわゆる中古品)
・使用されない物品で使用のために取引されたもの
・これらのいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

を言います。

古物営業許可が不要な場合

具体例

古物の売却のみを行う場合は許可は不要です。

具体的には、電気製品店等が無償で古物を引き取り、これを修理等して販売する場合は許可は不要です。
また、質屋でも質取りと流質物の売却のみをする営業形態の場合は、許可は不要です。

ホームページ利用取引について

ホームページ利用取引とは

「その営業の方法として、取り扱う古物に関する事項を電気通信回線に接続して行う自動公衆送信により公衆の閲覧に供し(すなわち、インターネットを利用して公開すること。)、その取引(買い受け及び売却)の申込みを国家公安委員会規則で定める通信手段(すなわち、電子メール、電話等相手と対面せずに使用できる通信手段)により受ける方法」とされています。(古物営業法第5条第1項第6号参照)

    なお、次の場合は『ホームページ利用取引』にはあたりません。
  • ホームページを開設しているが古物に関するデータを掲載していないもの
  • 売買の申込みを電子メール、電話等相手方と対面せずに利用できる通信手段により受け付けないもの(売買は対面による場合)
  • インターネット・オークションのみを利用して買い受け、売却をするもの
    (自らインターネット・オークションを開設する場合は、別途3号営業の届出が必要です。)

注意事項

ホームページ利用取引をしようとする場合は、公安委員会に、そのホームページ(トップページ)のURLを届け出ることが必要になってきます。

また、許可証の番号等を「その取り扱う古物に関する事項と共に」ホームページに表示しなければなりません。

申請手続き

タイトル未定

準備中です。

当事務所でお手伝いできること

  • 当事務所では、古物営業の許可申請のお手伝いをさせて頂いております。
  • お気軽にご相談下さい。